山口大学 高分子・ソフトマター物理研究グループ

研究内容

概要

当研究室ではアルカンや脂質などの長鎖分子結晶や薄膜、 更にポリエチレンのような直鎖状高分子の結晶化を中心とした構造形成や固体物性 に関して構造論的な立場から実験的手法およびコンピュータシミュレーションにより 研究してます。

最近では、ポリロタキサンに代表されるような分子の包摂現象、酵素の機能、 脂質分子系のベシクル形成や相分離過程などをコンピュータ・シミュレーションによって調べています。

当研究室は3つの研究室が共同で運営している研究グループです。

高分子科学研究室 / コンピュータ・シミュレーション

コンピュータ・シミュレーションを用いて長鎖分子や高分子の分子鎖ダイナミクス、 相転移、構造形成等を幅広く研究し、高分子科学における計算機実験の可能性を開拓中です。

詳しくは山本 隆のページをご覧ください。

生体分子シミュレーション研究室 / コンピュータ・シミュレーション

脂質分子系のベシクル形成や相分離過程などをコンピュータ・シミュレーションによって調べています。

詳しくは浦上直人のページをご覧ください。

高分子物理学研究室 / 実験的手法による研究

高分子構造、特に長鎖分子結晶、高分子結晶の結晶構造、およびこれらの示す相転移 現象の機構をX線回折、熱測定、光学顕微鏡観察、走査型プローブ顕微鏡観察、 などを用いて研究を行っています。最近はそれらの物質の薄膜系の構造形成や 多層薄膜の構造解析手法の確立に関する研究を行っています。

詳しくは野崎浩二のページをご覧ください。

コロイド物理・化学物理研究室 / 実験的手法による研究

軟X線分光を用いた液体、溶液中の有機分子の電子状態研究を行っています。 測定手法の開発も行いながら、ソフトマター分野への軟X線分光の応用も進めています。

詳しくは堀川裕加のページをご覧ください。

PAGE TOP